×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

送電鉄塔写真舘

このサイトについて

当サイトの概要

 送電鉄塔写真舘へようこそ! 当サイトでは、主に東京電力の送電鉄塔や変電所などの画像を公開しています。 特定の送電線の鉄塔を1基ずつ採り上げていく「送電線追跡特集」と、主要な変電所を採り上げている「変電所探訪編」のふたつのページがメインコンテンツです。
 鉄塔については、「その鉄塔をしっかり記録する」(写真に収める)という方針で撮影しています。 そのため、ひとつの鉄塔に対して非常に撮影枚数が多くなる場合もあります。
 撮影した写真は出来るだけ公開するようにしています。そのため、極端に画像数の多いページもあります。

当サイト名の由来

 送電鉄塔の写真を数多く公開しているところから、このサイト名になりました。何の捻りもありません。 ちなみに写真舘の「舘」の字は「館」と同じ意味です。私の本名に「舘」の字が使われておりまして、それに引っかけてあるだけです。

採り上げている地域

 私スカイブルーは、神奈川県の東端、東京都と横浜市に挟まれた川崎市の麻生区というところに在住しております。 その関係で、当サイトで採り上げている送電線や変電所も、神奈川県東部から東京多摩地区のエリアに偏っています。
 将来的には、もっと広範囲の送電線を採り上げてみたいと思っています。

現在公開している主な送電線:
南武線  川世線  野川線  柿生線・川崎火力線
北浜線・浜岡線  南横浜火力線

その他の事項

当サイト内の各ページは現在、サイト開設当初からのデザインのページと、 2005年6月から採用している二代目のデザインのページ、さらに2007年8月から採用を始めた三代目のデザインのページが混在しています。
 最新の三代目のページは将来のWeb標準に合致するようにHTMLの記述を根本から改め、全面的にXHTML+CSSの方式にしてあります。 そのため古いブラウザでは記述が反映されないことがあるかもしれません。いずれは既存の全てのページを同方式に改良する予定ですが、 完了するのはいつになるかわかりません……。
 なお、現在当サイトへのアクセスはMicrosoft IE7が最多となっているので、IE7で最適表示となるようにレイアウトしてあります。 そのため、古いブラウザ(IE6等)で閲覧した場合、ページがずれることがありますがご了承ください。
 現在は読み進めていくとデザインがころころと変わって見づらいこともあると思いますが、どうかご了承ください。

主となる送電線とそれに関連する送電線は、適宜同一のページで採り上げています。 各送電線の鉄塔は基本的には1基につき1ページで採り上げていますが、複数の鉄塔をひとつのページで採り上げている場合もあります。

当サイト内の写真画像にはすべて番号が振られています。画像にマウスポインタを当てると画像番号が表示されます。

基本的に画像の下には、写っている鉄塔を若番側から撮影したのか、 老番側から撮影したのかを表す「(若)」「(老)」の表示があります。若番側というのは、その送電線の鉄塔番号が若いほうから見た場合で、 老番側はその反対側から見た場合です。ただし鉄塔を真横から撮影した場合や、遠景等の場合はこれらの表示が無いこともあります。

記述の中において、鉄道路線名や道路名にはそれぞれ色をつけています。

私スカイブルーは送電線に関しては全くの素人です。電力設備や用語などの知識はほとんど無いです。 そのためサイト内では用語の使い方を間違っていたりする場合もあるかと思います。間違いがあった場合は、ご教示いただければ幸いです。

当サイト内のバナーやアイコン等はすべてPNGファイルです。古いブラウザで閲覧した場合はPNG画像が表示されないことがあります。

写真画像は写真No.1010まではネガフィルムからスキャナーで取り込んだものです。No.1011以降はデジタルカメラで撮影したものです。 フィルムの画像は、私のスキャン技量不足により、中には色合いがおかしい画像もあります。

当サイト内のファイルの無断転載はおやめください(個人の趣味の範囲で使用される分には構いません)。

当サイトは電力会社・その他の企業とは一切関係ありません。 当サイト内の記述等に関してこれらの企業に問い合わせることは絶対になさらないでください。

当サイトはリンクフリーですので、ご自由にリンクをお貼りください。 相互リンクを希望される場合や何か問い合せがある場合は、メールでお願いします。 メールアドレスは
 sky☆blue_excellent@yahoo.co.jp です(※実際に送る際は「☆」を抜いてね)。


>>トップページへ